<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

†・ブルーグレーのニット帽 【完成】・†

a0136082_21431391.jpg

a0136082_21431351.jpg

a0136082_21431343.jpg

a0136082_2143136.jpg

a0136082_21431341.jpg

a0136082_21431374.jpg




サイズ調整の空白を埋める 中間部分の編み地が、なかなか端正にできなかった…。 上側が少し歪んでいる。


しかし 新しい生地を上から編み付けるのも 少し心許ないので、これで上がり…とさせて頂く。


鏡の前でかぶってみると、歪みは無くなって 案外無難ではあったし…。(中間部分を【後ろ】に。)


まだまだだな…。 呟きながら。


明日 郵便局へ行こう。




・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・




側面を編み始めてから、折り返し折り返ししながら長編みを積み重ね、16-17段くらいまで進めてゆく。


自分で被ってみながら、適度な長さを決めて。


『ここだ!!』 という長さの段数を見出だしたら、その段を最後まで編み進めて。


最後の目に長編みを施したら、そこから鎖編みを1目1目積み重ねて。


実際に頭に被ることで確認しながら、適度な目数を見つけて。 向こう側の生地の端の編み目に、引き抜き編みで固く留める。


そこから、繋げた1本の鎖編みの組みひもに 長編みを横へ横へ、包み込むように施していく。


それはスリットを埋める為の、中間の生地。


長編みの後は、隣の本体の端の編み目に引き抜きをしてくっ付ける。そして 立ち上がり用の鎖編みを3目編み、折り返しに次の段を。


段数を重ねる毎に、両端の方で 2目の長編みを1つにまとめていきながら、減らし目をして。幅を狭める。


2段置きに、段の終わりに 引き抜きでくっつけながら、中間の生地をてっぺんまで。


どんどん どんどん狭めて行って。最後の段で、左右上に引き抜きをしたら。


糸端を30cmほど残して、ハサミでパチン。


裏側のほうで、適宜に波縫いをして、糸始末をして、1-2cm残して パチン。


他の糸端も、生地の裏側で糸始末をしっかりして パチン。


†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-30 21:43 | 手芸作品

†・ブルーグレーのニット帽 過程2・†

a0136082_18233490.jpg

a0136082_03515429.jpg

a0136082_18233454.jpg

a0136082_18233443.jpg

a0136082_18233423.jpg






段を重ねる度に 歪んでしまう、円形編みの生地。


最初の時…、4段めから7-8段めにかけての段階で、増し目をしすぎてしまったか。


しかし今はもう13-14段めのところ。今から戻すのは心苦しい。 どうしようか…。


そんなことを考えていた時、ふと ビラビラになったその生地の余りを、1ヶ所に集めて、まとめてみる。


すると、折り目と多少の盛り上がりは出来てしまうが、余りの部分は 生地の中へと折り重なり、平坦な円盤型の生地となる。


---これか? ---これだ! …きっと。


ふと 思いがけなく降り注いできた、素晴らしき知恵。 それは、守護霊様の御加護。


扇型の折り重なった部分を、重なっている全ての編み目を貫通して 長編みを施していく。


そして、折り重なったエリアを編み終えたら、そこから立ち上がりをして、1目につき長編み1個ずつ。 増し目も減らし目もなく、フラットに編んでゆく。


増し目がされなくなった円形の編み地は、それ以上 円の広さが拡大されることはなく、今度は縦に縦に、生地ができてゆく。 円柱の側面のように。 そう、それは 帽子の側面部分。


1段の最後の目に長編みを施したら、


最初の編み目への引き抜きをせず、鎖編みを3目編んで折り返し、段と段の境目を開けてゆく。


スリットができるような感じに。 後々、自分で被ってみながら 微妙なサイズ調整が図れるように。(祖父へお贈りするものだが、現在 遠方に住まれている。)




†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-30 18:23 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『蒼い服の少年』】 完成・†

a0136082_485532.jpg

a0136082_485581.jpg

a0136082_485569.jpg

a0136082_485575.jpg

a0136082_485583.jpg

a0136082_485539.jpg





【http://blastwish.exblog.jp/12480741/≪過程4≫】


【http://blastwish.exblog.jp/12468802/≪過程3≫】


【http://blastwish.exblog.jp/12459227/≪過程2≫】


【http://blastwish.exblog.jp/12447403/≪過程1≫】




・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・




5号のかぎ針と 昼夜を共に。


とじ針と、クロッシェマーカー(ほつれ止め)と、


青・うす橙・黒・紫・桃色 ---色とりどりの毛糸たちと共に。


幾千幾万の長編みを積み上げた末、今回も完成を迎えた。


【編みぐるみ『蒼い服の少年』】。


『紅い服の少年』と変わらぬ愛しさと熱意を以って、


また1歩、進歩したかもしれない作風に。


Happy Birthday, ---我が情熱。


Congratulation and Good job, ---我が命たる両手。我が血肉たる編み針。




†・和馬・†
†・手芸作品・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-28 04:08 | 手芸作品

†・【編みぐるみ『蒼い服の少年』】 番外2・†

a0136082_22161744.jpg

a0136082_22161757.jpg

a0136082_22161790.jpg

a0136082_22161712.jpg



幾重に及ぶ毛髪を結び付け、


以前の【紅い服の少年】より ほんの少し進歩した顔を縫い付け。


手の甲に、右手左手 10本の指を編む。


甲の先の 適宜だと思う編み目の空間を選び、そこにかぎ針を通して、うす橙色の糸をすくう。


そして 9回(中指だけ10回)、鎖編みをして。上に上に。


そして 9回施した鎖編みを折りたたむように、始めに針を入れたすき間に 最後の目を引き抜いて。


編み終わりの糸端と、編み始めの糸端を固結び。


そうして結んだ2本の糸端を 綴じ針で手の甲を波縫いして、袖の中へと押し込む。


これを 10回。 親指・人差し指・中指・薬指・小指・左右。




言葉につまり、まだ無言の侭の過程が残る中、


完成への最後の1針を編み、縫いだした。


編みぐるみ--【蒼い服の少年】。




†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-26 22:16 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『蒼い服の少年』】 番外・†

a0136082_1458558.jpg

a0136082_1458524.jpg

a0136082_1458519.jpg

a0136082_1458513.jpg

a0136082_1458558.jpg



うす橙色の糸で頭部を作り、そこから 蒼い糸で上着を編み付けて、


頭部の1.8倍くらいの長さまで長編みを積み重ねたら、


両肩に 同じ蒼い糸で長袖を編み付け、うす橙色で両手を付けて。


そして 上着の腰の辺りから、【服の裏から】黒い糸でズボンを編み付けて。それから また蒼い糸で靴を。


・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・


そんな流れを熟し経て、今、最もややこしい過程---頭部に毛髪を結び付ける過程に取り掛かっている。


糸を10センチ弱に切り、綴じ針で頭部の編み目に 隣り合わせに通し、固結びを1回。


これを何百回と繰り返し、後に短くカットする。


最もややこしい過程、 しかし 全体の中では終盤。

そんな中、そろそろ 次の作品の事を考えていた。


約束を交わしていて、ずっと 出来ていなかった、祖父への【ニット帽】。


これからは暖かくなるから、細めの糸が良いだろう。


そして 身体につけるモノだから、綿 あるいは綿がブレンドされている糸--。


色は、ブルーグレー、あるいは 灰色がかった緑などが良いだろうか。


買う前に 既に持ってないかと、探していたら、


ありがたや。


いつの日か(3年くらい前?) 百円ショップ『セリア』で買っていた 【ぽあぽあコットン】が4玉。 自室のタンスに眠っていた。


【ぽあぽあコットン】--。 綿62%:アクリル38%。 ごしょう産業御中の製造で、百円ショップ【セリア】を通して販売。


それを手に取り、7号針でやってみる。


かの かぎ編み講座【クロッシェカフェ】--レッスン7で取り掛かった 黒のニット帽のような、それよりは 少し目数が多くなる感じで。


2段めは 1目に3つ。 3段めは 1目に2つ。


4段めは2目おきに 1目に2つ。 5段めは3目おきに 1目に2つ。 6目おきに、7目おきに…、


少し ビラビラしてるような感じがするけど、そんなふうに 積み重ねてゆく。


・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・


そして 代わる代わるに、綴じ針で毛髪を頭に通し、結び付ける作業も。


1回1回、チクチク…ギュッと。 どれも避けては通れない過程。


作品として、命を吹き込むために。




†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-24 14:58 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『蒼い服の少年』】 過程2・†

a0136082_12402698.jpg

a0136082_12402688.jpg

a0136082_12402634.jpg

a0136082_12402684.jpg

a0136082_12402629.jpg

a0136082_12402668.jpg



胴体は、頭部の おおよそ2倍。 やや丈長の服--トレンチコートを意識して。


淡い青の毛糸で、長編みを重ね重ね編んでいって。 基本的に、1目につき長編み1目ずつ。


肩から胸の辺りまで、編み始めから5段めくらいまでは、立ち上がり3目のところで長編みを加えて。 1段につき1目。微妙に目数を増やすために。


胸の辺りを過ぎたら、増し目を一切せずに、立ち上がりのところも、鎖編みを3目編んだら そのまま長編みの1目めに 長編みを1つ。


少し こぢんまりとした感じ以外は、【紅い服の少年】とあまり変わらない。


前作でもそうだけど、この編みぐるみの上着は 段を重ねる度に、立ち上がりのところに 段差ができたような筋が浮き上がる。


そこが前。 筋の向きが左ボタンな感じになるのは 致し方なし。


腕を付けるときは、その浮き上がった鎖編みの筋を基準に、肩の辺りで 細編みを5目 植え付ける。 そして鎖編みを7目ほど。


そして、細編みの1目めに引き抜きを施して、ぐるり。


そこからは、ぐるぐると1段につき長編み12目。立ち上がりには長編み
をせず、目数に増減無し。


何段まで編むかは、服の丈を意識しながら。丈より少し短いところまで。


半袖にする場合は、長編み3〜4段くらいで充分だと思うけど。


†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-22 12:40 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『蒼い服の少年』】 過程1・†

a0136082_2359422.jpg

a0136082_23594233.jpg

a0136082_23594254.jpg

a0136082_23594288.jpg

a0136082_23594277.jpg

a0136082_23594282.jpg

a0136082_23594255.jpg



輪を作って。 そこから立ち上がりをして 0(立ち上がり)・1・2・3・4・5・6 と。細編みを6回施して。 1目めに引き抜いて、1段め。


2段め。 立ち上がりを鎖編みで3目編み。『立ち上がりを1目に数えながら』、1個の細編みに 長編みを3目編んでゆく。 合計18目。(3×6)


長編みを1目に3回。それを6回で18目編み 1周したら。 同じように 1目めの頭に糸を引き抜いて キュッと締める。


3段めは、1目につき長編み2目ずつ。 4段めは、6目に1回だけ長編み2目編んで、他は全て 1目につき 長編み1目。

5段めからは、完全に長編みを1目ずつ。


6段…7段…8段……。


お椀型から半球…、それからさらに球体になってきたところで、


半球の中に、綿、あるいは 同色か近い色合いの毛糸を詰め込んで。


今度は どんどん 2目の長編みを1つにまとめながら、目数を減らす。


【紅い服の少年】を編んでいた時と ほぼ一緒。 ただ、途中 1目ずつ編む部分を1段多くして、ほんの少し 縦長になっている。



・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・



【紅い服の少年】を手がけ終え、数時間後。


再び 5号のかぎ針を。


2人目の、少年の編みぐるみを。 【蒼い服の少年】を編みはじめる。


前回では、服とズボン、靴の時に4号針を使っていたが、今回は全て5号針を使用する。


気をつけるべき改善点を、心の中で振り返り、意識しながら。


【上着部分の、胴体周りの1段当たりの目数。】


【紅い服の少年】では、とても多く目数を設けてしまったゆえに、ダボダボを通り越して ふりふりになってしまった。


【ズボン部分の、自然な脚の角度の作り方。】


紅い服の少年】の時は、少し内股になっている。 脚の角度というより、靴の角度だろうか。


【ズボンの脚の部分を、もう少しスラッとさせたい。】


腹から股の部分にかけての編み目を、微妙に減らしていくことが 大切になるかもしれない。




そんなことを踏まえながら、【蒼い服の少年】の編み目を。1目1目と、積み上げる。


†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-19 23:59 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『紅い服の少年』】 完成・†

a0136082_235881.jpg

a0136082_235858.jpg

a0136082_235818.jpg

a0136082_23584.jpg

a0136082_23586.jpg

a0136082_235883.jpg

a0136082_23587.jpg

a0136082_235899.jpg



焦げ茶の糸で ズボンを編んだ後に、


その両先に、黒の糸で靴を編んで。


全ての糸端を、糸始末して。 ぐねぐねと、綴じ針で編み目の中に。


あっちへ こっちへ、波縫いしていって。 充分に短くなったら、編みぐるみの内部へ押しやって。


そして髪の毛。


15センチくらいにカットした糸切れを、ひたすら綴じ針で編み目に通し、真ん中のところで固結び。


それを何百回と繰り返し、それから ハサミでカット。 服や頭を切らないように、髪だけを切るように、注意して。


ボタンでも 縫い付けでも、お好みの方法で 顔の部分に目と口を付けたら、出来上がり。


今回の作品は、ズボンの股を2つに分けて編むところ を始めとして、


ほぼ全てが 新しくやってみた技術。




服の裏側に、焦げ茶色の糸で細編みのを植えつけ、次に 長編みをぐるぐると編んでゆく。


服の裾の端に 【ギリギリ届かない】ところまで、大きくグルグルと長編みを施していって。


そうして、ズボンの上の部分が出来上がったら。


大きな長編みの輪の【中央】を自分で見出して。その中央から鎖編みを6目編み、


向こう岸の中央に引き抜きをして。 そしてまた同じように 鎖編みを6目編み、


始めに鎖編みをしたところへ戻り、引き抜きをする。


そうして、お尻の部分から脚の部分へ。 ズボンの股の部分。


1つの円が、2つの半円に分断される。 そこから、片方好きな脚から編む。


そんな感じ。




靴を編み終え、髪の毛を結んでゆく辺りから 不意に湧き上がってきた 愛しさに似た感情を心に、


今 編み上がる、初めての編みぐるみ。


【紅い服の少年】。




†・和馬・†
†・手芸作品・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-18 02:35 | 手芸作品

†・【編みぐるみ『紅い服の少年』】 過程5・†

a0136082_248477.jpg

a0136082_248480.jpg

a0136082_248470.jpg

a0136082_248476.jpg



深紅の糸の両そでに、薄橙色の両手を編み付けたら。


綴じ針で糸始末をして、端切れを 長い侭 腕の内側へと刺し入れて、閉じ込める。


今度は ズボンの先に、両足の靴を。


真っ黒な糸を、ズボンの先から2番目の 細編みの頭に付ける。


編み目の頭に【裏から裏(ぐにっと1回うねる感じ)】に針を刺して、針先に真っ黒な糸を掛けて、慎重に裏から裏へ引き上げる。


表から裏に引き上げるのではなく、その逆でもなく、【裏から裏へ】。


元々 裏側で糸を針先に掛け、同じ裏側の、隣の編み目に引き上げる。


これまで編んできた、両そでの先の【両手】も、そんなふうに最初の1目が始まる。


生地の裏側で 針を1回波打つように通し、元々 裏側で。


新しい糸を針先に掛け、 新しい糸先が 針先から外れないように、慎重に針を引っこ抜いて。


そうしたら、最初にかぎ針を通した目の頭から 最初の糸が出る。


始まりの1段めは、加減無く 1目にあたり、長編みを1個ずつ編む。


2段めからは、靴のつま先側…【身体の正面側】のみ、2目に1回、長編みを1目に2個編む。


かかと部分は、変わらず 1目につき 長編み1個ずつ。


†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-16 02:48 | 手芸製作過程

†・【編みぐるみ『紅い服の少年』】 過程4・†

a0136082_4581024.jpg

a0136082_4581027.jpg

a0136082_4581092.jpg

a0136082_4581010.jpg



言葉に詰まり、表現が止まった侭でも、


かぎ針を握る この右手は決して止まることなく、


1目1目、昨日も今日も ひたすら編み目を積んでゆく。


ハーフコートの部分は 紅い糸。


ズボンの部分は 焦げ茶の糸。


頭とお手々は 薄橙色の糸。


服の部分を、立ち上がりのところで1目だけ 増やしていきながら、他のところは1目につき 長編み1つ。


頭部の2倍くらいのところまで ぐるぐると編み続けて。


編みぐるみなので、頭身は3くらいだが、この編みぐるみが着る服は【ハーフコート】。 普通のジャケットよりも、やや長め。


それが編めたら、最後の段の終わりで 引き抜きをして。


真ん中よりほんの少しだけ下の、【腰の部分】の段を見出だして。


その段に、【裏側の方で】焦げ茶色の糸を出して、ぐるりと 細編みを【編み付ける】。


頭部に 紅い糸をぐるりと編み付けた時と同じように、しかし今度は 2目に1回ずつ引っ張り出して。 1目置き。


そうしたら、いずれ ズボンが編み上がってゆくにつれて、そこの部分が ちょうど良く締まって、腰の部分っぽくなってゆく。


ぐるりと 服の裏側に出来た、焦げ茶色の細編みの輪に、また そのまま長編みをぐるぐると編んでゆく。 立ち上がりは忘れずに。


服の裾の端に 【ギリギリ届かない】ところまで、そのまま 大きくグルグルと長編みを施していって。 この服は【ハーフコート】だから。


そうして、ズボンの上の部分ができてゆく。


ここから先の、ズボンの穴を2つに分ける所が、言葉の表現に悩むところ。


そして今、僕は その次の【ハーフコートの袖】を両側に編み付け、その先端に、薄橙色の毛糸で お手々を左右、編んでいる。


『編み終えたら、それで画像だけ載せて終わり』だった あの頃の僕に比べると、今の僕は まだマシだと言えるけど。


まだまだ、国語力…会話力が弱いな…、口下手だなと感じてる。 それを ようやく、感じられるようになってきてる。


向き合えるように、なってきてる。




†・和馬・†
†・徒然ヴォイス(製作過程)・†


††・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、このエキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・††


††・全ての仲間達は、在りの侭の僕を愛してくれています。 ありがとうございます。・††
[PR]
by crescentsword | 2011-04-15 04:58 | 手芸製作過程