<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

†† 冒険小説世界 【エンドブレイカー】 桃宮・ロイ・フィナンシェ の冒険紀 ††

a0136082_1903648.jpg


a0136082_1903876.jpg


a0136082_1904015.jpg


a0136082_1904456.jpg


a0136082_1904673.jpg


a0136082_1904813.jpg


a0136082_190516.jpg


a0136082_1905346.jpg




穏やかな春が来て、また新たな少年のシャーペン画を描きたくなってきた。

シャーペンと色鉛筆を手にして、描いたのは、あの少年。

人々に死の終焉をもたらす異形の棘があらゆるものを支配するファンタジー世界--【エンドブレイカー】。その世界で、魔法の竪琴を武器・相棒としてあらゆる都市や辺境をその足で練り歩き、さすらいの路上歌手として生きる魔獣戦士の少年。

--桃宮・ロイ・フィナンシェ。


・†・†・†・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・†・†・†・


【桃宮・ロイ・フィナンシェ(c31056)の冒険参加記録(執筆:各シナリオマスター様)≪http://t-walker.jp/eb/status/scenario.cgi?chrid=c31056≫】


・†・†・†・†・†・†・†・†・
・†・†・†・†・†・†・†・†・


途中で終わりたくない。とある場所を途中で終わらせた自分自身の過去を想い、今日まで生きてきた。

人々に死の終焉をもたらす棘が支配する魔術世界で、新たに会えた友人。引き続き赴く任務・依頼の数々。銀の雨降る亡霊世界から続いてる、かけがえのない心友との絆。自分の所属する旅団の雑記スペースで独りきり、つれづれごとを呟く日。嬉しかったこと、せつなかったこと、甘酸っぱく感じたこと、ひそかに夢見ていること。たくさん、たくさん抱えて、私も、あの人も、あの人も。この世界を生きている。

ああ、そうだ。私も。私も、途中では終わらない。この世界に蔓延する棘が、いつか人々の魂魄を侵食することをやめ、物語がハッピーエンドで閉じるまで、世界の動向とともに添い遂げる。

穏やかな春となり、この棘の魔術世界に新たな展開が訪れそうな気がしたから。景気付けに、私--桃宮ロイの新たなシャーペン画を、背後の男--和馬が描く。

都市の路上にて、愛用の竪琴で伴奏を掻き鳴らし、その旋律に応じた歌を、お気に入りのキー(高さ)で歌っているところ。


愛用の竪琴も、ずいぶんしっかりと描けるようになってきた。だが、まだまだこれからだ。--と、男は独り言を呟き、自由帳を閉じて、ぬるくなった珈琲を啜る。


†† 桃宮・ロイ・フィナンシェ ††
†† 冒険記録・エンドブレイカー【http://t-walker.jp/eb/html/main.htm】 ††

†・今日もこうして、エキサイトの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・†
[PR]
by crescentsword | 2013-04-16 18:57 | シャーペン画

†・近頃の手芸作品製作過程(洋服型ミニポーチ)・†

a0136082_2257380.jpg


a0136082_2257415.jpg


a0136082_2257624.jpg


a0136082_2257712.jpg


a0136082_2257847.jpg


a0136082_2257991.jpg


a0136082_22571039.jpg


a0136082_22571131.jpg


a0136082_22571263.jpg


a0136082_22571361.jpg


a0136082_22571430.jpg


a0136082_22571593.jpg


a0136082_22571670.jpg



なにも、世界に自分の名を響かせることは夢見ていない。

この地球上に、僕という生き方が生きている。

僕という生き方--という人権ある生命≪いのち≫が、脈を打ち、この地球上に居る。


※※ この文章は、ただの呟きです。詩文などの文芸作品ではありません。 ※※

†・和馬・†
†・徒然ヴォイス・†


†・今日も、こうして手芸をさせて頂き、ありがとうございます。そして、今日もこうして、エキサイトブログの一室を使わせて頂き、ありがとうございます。・†
[PR]
by crescentsword | 2013-04-02 22:50 | 手芸製作過程